FC2ブログ

こうすればよかったんだ!?決して明かされない株で勝ち続けるための必勝パターンの秘密とは?

# 投資でいつも損している人に・・・

いきなりですが質問です





あなたは次の
Aさん、Bさんのどちらの人間になりたいですか?





『投資をはじめて1ヶ月目で100万円を手に入れたAさん』

099_win.png

『投資をはじめて1ヶ月目で100万円を損したBさん』

099_lose.png





あなたならどちらの人間になりたいですか?







回答は聞くまでもなく
みんながAさんと答えるはずです





でも、
最終的に投資で成功を収める人は





Aさんではなく、Bさんなんです







その理由についてお話ししたいと思います





まず、投資をはじめて
1ヶ月目で100万円を手に入れたAさんですが





1ヶ月で100万円を手に入れたんだから
一見強運の持ち主とも言えるのかもしれません





しかし、これは結果的に不運と言わざるおえません





なぜならAさんは
その後、数か月以内にかなり高い確率で





手に入れた100万円を
株式市場に全て排出してしまうからです





そして手に入れた
100万円以外にも





もともと持っていた資産も大きく減らしてしまう
可能性が極めて高くなります





なぜそんなことが言えるのか?





Aさんは運だけで・・・
ビギナーズラックだけで・・・





大金を手に入れてしまったからです





そして投資の世界で怖いのが
運だけで、一時的に億万長者になることも
可能という点です





しかし、運だけで勝ってしまった人は
その後、大きく資産を失ってしまいます





なぜなら、
過去の誤った成功体験があるがゆえに





勝てる手法のはず
というバイアス(思い込み)がかかった状態で
トレードし続けるからです





そして、資産の大半を失って
精神的なダメージを受けるまで





その誤ったトレードを
やめようとしません。







一方、最初に100万円を失ったBさんはどうでしょうか?





短期間のうちに大金を溶かしたことから
この失敗はなぜ起こったのか





損切を設定していなかったのであれば
損切の重要性に気付けるでしょうし





大きな資金を投入しすぎていたのであれば
資金管理についてもっと勉強しよう反省したり





「失敗は成功のもと」という言葉があるように
投資における失敗は必ず必要になってくるのです





誰しも失敗はしたくないです
が残念ながら人間という
生き物は失敗しないと学べないものもあるということです





その中でもっとも重要なのが
損切です





全てといっていいほど
投資本には損切のことが書いてありますよね
それほど重要なものなのですが





損切をしない人達のなんと多いことか





人は先人の「ためになる教え」を受けても
まったくといっていいほどスルーしているのです

099_ぼっ~と





そして損切の重要性に
気付くのは





もっている全ての資産を株式市場にばらまいて
その時初めて損切の重要性に気付くのです





人間とはそれほどおバカな生き物なのです







トレードでいつも
損している人にメッセージです





心配しないでください
みんな最初は失敗してそこから学びを得ていくものなんです





なので
1撃必殺で億万長者なんて
夢は追いかけてはだめなんです





もし仮にそうなったとしても
数か月後には全てなくなってしまいますから・・・
焦らなくて大丈夫です





そんなことより
小さな失敗を繰り返して
なぜ負けたのかを考えてください





損切がもっともわかりやすい例なので
この事例を用いてお話ししますが





損切ばかりして損切貧乏になっていませんか?
こういう人は多いと思います





その原因はなぜなんだろう?





・損切までの値幅が狭すぎる?


・そもそも逆張りで入ってるので損切多い?


・レンジの真ん中で買っているので
損切に引っかかりやすい価格帯なのでは?






などなど
失敗からみんな学んで
日々成長していくものなんです





今、勝っているトレーダーは
昔、失敗をしてきたからこそ
今勝てている訳です





普通に考えれば
わかることなんです
スポーツでも何でも





失敗をして
それを克服するから上達するんですよ





==================


当ブログでは
株式投資で資産を増やすための方法を


さまざまな角度から
お伝えしております


・株式市場で資産を増やしたい方

・安定して株で勝ち続ける方法を
 知りたい方は


ぜひ、次回の記事も
チェックしてみてください!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する