FC2ブログ

こうすればよかったんだ!?決して明かされない株で勝ち続けるための必勝パターンの秘密とは?

# 2020/08/30 安倍首相辞任表明。アベノミクス相場の終了か?

204_安倍辞任
安倍首相が辞任を表明して
一時日経平均は700円急落した



これから日経は下落するのか
押し目となって上昇していくのか
どちらだろうか?



未来の株価は誰もわからないわけだが



私の見解では
日経が調整入りするという見方をしている
(ポジショントークという見方をして頂きたい)



アメリカも日本も経済対策により
大量の資金が株式市場に流れているという
状況ではあるが



ある程度織り込まれた価格に
なっているという認識でいる



23000円から上になると
日経は極端に重くなる



もちろんダウに連動して
日経が上昇するということも
考えられるが



ダウの上昇に比べて
日経は明らかに上値が重くなっている



そして今回の安倍首相辞任



これは海外投資家の売りを
加速させる要因になる



もちろん今までの
アベノミクス政策が
急になくなることはないが



株価というものは期待や失望で値が動く



安倍首相が就任前の
2006年~2011年では
毎年首相が変わり不安定な時期が続き



日経も8000円~10000円台の
安値をうろうろする時期が続いた



その後、アベノミクス相場となり
2倍以上も株価が上昇してこれたのは



政策もさることながら
あの異端児のトランプ大統領とも
対等に交渉できる

204_安倍とトランプ


安倍首相の人間性のおかげと言える



日本株を売買している投資家の多くは
海外勢で6割から7割を占めると
言われており



日経が上がるか下がるかは
海外投資家の動向に左右される
といっても過言ではなく



海外から見た政権の安定性
これが重要なカギとなる




今後の政権の動向により
好材料がでれば、保ちあい



悪材料がでれば調整。
というシナリオを描いている



日経が
24000円の大台を抜いて
30000円を目指すのは
いつになるのだろうか?



今出ている材料で
高値を追っていくのはないと判断している
 | ホーム | 

# 2020/8/22 8月20日付近から 9月のSQ(9月10日)に向けて日経平均株価が暴落する

203_絶望
8月20日付近から
9月のSQ(9月10日)に向けて
日経平均株価が暴落する




という1つのシナリオがある



私が持っているこのシナリオについて
考察したいと思う



まずは暴落はどのようにして起きるのか
というと



株価は一定の範囲内を
上下運動するが



この上下運動の下限あたりで
想定外の悪材料が出たときに
買い支えがなくなり
そこから暴落は始まる



なので
タイミング良く
市場関係者が想定をしていなかった
悪材料がでないと
暴落には繋がらない





今流行りのコロナでは
想定できる範囲となっており
この材料で暴落は考えにくい
(株価を弱らせる要因にはなる)



トリガーは
アメリカのダウ主導での暴落を
想定しており



アメリカ大統領選の何か?または
FOMCの政策にかかる何か?


203_大統領

203_パウエル


ではなかろうかと想定している



ちなみに
大統領選投票日は11月3日



FOMCについては
6月8日の週、及び、7月最終週は
FOMCが行われた週で
両方とも下落基調で



次回のFOMCは
9月15日の週となっている



暴落のトリガーが整うと
次にヘッジファンド系の追撃売りが始まる




通常の月であれば、
下落と一緒に買い支えが入るが



9月はメジャーSQの月でもあり
悪材料のトリガーに便乗して
ヘッジファンド系の追撃売りが起こりやすい



ヘッジファンドの便乗は
暴落に限らず、急騰の原因になることもある



9月SQは暴落に限らず
急騰の可能性もあるということである



この相場感で暴落か急騰かといわれると
暴落ではなかろうかと思っている



それは
今、高値圏に株価が推移しているという点
また、楽観相場であるという点




この2点を意識している



高値圏に株価があるという点においては
2018年から日経は24000円を高値に
上に抜けれないでいる

203_高値圏


これは市場関係者が今高値圏にいるという
認識にあるということである



もちろん、想定外の好材料がでれば
ここを起点に上昇し、下値になるわけだが



想定外の好材料。
いわゆるこれ以上の
金融緩和があるとは思えない



もう一つの楽観相場にあるかという点については

203_楽観1

203_楽観2


一部、楽観に傾いた投資家はいるが
総楽観とは言いにくい



恐怖指数の日経VIについても
まだ20を超えており



コロナ相場以前は高い水準といえる



しかし、コロナ以降
20~30近辺を推移しているため
もしかすると今の水準は低いと見ることができるかもしれない



私が想定する暴落シナリオは
こういったものだが



まだ、材料は整っていない
といったところだろうか



あくまで私のシナリオの1つであるため
暴落する可能性はあるものの
その確率はけして高くない



ただ、「プットオプションの売り」
これだけは注意しておきたい
といったところだろうか



そして来週タイミングがあれば
「プットオプションの買い」を仕掛けたい



どちらかというと
暴落したときに備える
そのためのシナリオである。
 | ホーム | 

# 2020/8/14 大幅下落からの大幅上昇!コロナ前とコロナ後では相場の値動きが大きく違う

202_コロナ相場

大幅下落からの大幅上昇!



コロナ前とコロナ後では
相場の値動きが大きく違う



マイナーSQとは言え
2週間で1500円も暴騰してくる。
(23250円のオプション売りもロスカット、とほほ)



こんな値動きをされては
スイングトレーダーは勝てないだろう



この機にデイトレを
練習するのもよいかもしれない。




さて来週の値動きだが



23000円を超えてきたので
上目線とも見れなくはないが
下目線で考えている



というよりかは



23350円付近に
レジスタンスができたので
この付近で売りを検討している



23100円を下抜ければ
更に下に走りやすい環境といえる



そして9月のメジャーSQに向けて
下に走る想定をしている
これが私のメインシナリオ。




しかし、上昇シナリオを完全に否定している訳ではない



どちらかと言うと
テクニカル的には
上昇と考えるべきだろうか?



7月末の下落を否定してからの
力強い陽線が続いている

203_爆上げ


そして下落のトレンドラインも
なんなく突破し



23000円の壁も突き破った



23000円を下値に値固めが終わると
更に上を目指すことができる



上昇目線はそういったとこだろうか?



ただ私が下目線なのは



買いより売りの方が有利だというだけである
(この水準では買えない・・・)



ここ数日の暴騰は
明らかに上げすぎと認識している
売られてもよい水準であり



上抜けするには
新たな材料が必要と考えている



今まで上昇してきたのは
SQに向けた大口の仕掛けだと考えると
一旦調整しやすい



そして調整したら今度は上値が重くなる



22350円付近までは売り。
抜けたらロスカット。



上抜けしてきたら
プットオプションの買い戦略というシナリオ。
 | ホーム | 

# 2020/8/8 日経暴落失敗!レンジ離れはいつなのか?

003_考える

先週末、
22000円割れまで起こした日経平均だが
今週で22500円まで回復している



方向性のないまま
いつまでレンジ相場が続くのだろうか?
そしてどちらに離れるのだろうか?



もちろん、買い方と売り方の
どちらが最終的に勝つのか?
その勝負の行方は誰もわからないわけだが



ある程度想定しておく必要はある



時期的な点については
8月20日付近から方向性が
出始めるのではなかろうか?と読んでいる



理由は9月10日が
メジャーSQであり
SQに向けて値が動くだろうと考えているからだ



コロナ相場以降
メジャーSQに向けて日経が
大きく動き出す傾向が続いている



3月のメジャーSQでは
2月25日~3月12日に向けて株価は暴落した

202_3月暴落


6月のメジャーSQでは
5月19日~6月11日に向けて株価は急騰した

202_6月急騰


そして今回9月のメジャーSQに向けて
大口がどちらかに動かしてくる可能性は大いにある



現在、夏枯れ相場という
相場の参加者が少ないため
大口が仕掛けやすい環境ともいえる



では、どちらの方向性に株価が推移しそうか?



メインシナリオは下落を想定している



現在の株価が高値圏を推移している
という認識のため
下落させた方が値幅が多くとれるという見方だ



しかし、上放れという見解も見ておく必要はある



アメリカも日本もコロナ対策のため
じゃぶじゃぶにお金を刷っている



そのお金が市場に流入すれば
簡単に株価は上昇してしまう



結局、大衆心理の逆に値が動くので
上目線が増えれば下
下目線が増えれば上と読んでいる



今、大衆心理はどちらを向いているのだろうか?



ポジションについては
オプションの売りは少し控えめにしていきたい



大きく値が動く可能性があるため
行き過ぎた方向の逆にオプションの買いを仕掛けたい



現状、
24500円買い1枚
24000円売り2枚
23500円買い1枚の
ポジションを保有しており



上昇リスクについては取っている



下落した際は先物を買っていきたいと思っている
21500円付近で打診買いを予定している
 | ホーム | 

# 2020/7/4 日経急落!踏みとどまれるのか?

201_あべん

先日まで連動していた
ダウ平均と日経平均だが
ここにきて、日経だけが下落する状況が続いている



いま、日経と連動している指数はどれなのか?



<ダウ平均株価>
201_ダウ


<上海総合指数>
201_上海総合


<ドル円>

201_ドル円




ドル円?に連動しているように見えなくもない
円高進行と考えるべきだろうか?



ドルインデックスと
円インデックスを見てみると

201_カレンシー


急速な円買いが発生しているわけではなさそうだ



どちらかというと
ドル売り。



金融緩和によりあふれたドルの行き場が
株ではなくリスクオフ資産の金属に流れていると読むのが筋だろうか?



それならば、ダウも調整色がでてもよいが
ダウは堅調な動きを続けている



これらを踏まえて
一旦は更なる調整というよりも



22000円付近でもみ合う、
または、22500円付近まで回復という
シナリオを考えておく
これを第1シナリオとする



しかしながら
月曜日は非常に重要な日となり



他の指数が崩れて、日経が
更なる下落がつづくようであれば
考えを改め第2シナリオを描く必要がある



下値を見ればきりがないが
最悪21000円を想定している



PBR1倍もこの基準である



しかし、新たな悪材料がでないと
ここまでは落ちてこないのではなかろうかとも考える



よって21500円ここから買い下がりを実施する
ロスカットラインは20500円
 | ホーム | 

# スポンサーサイト

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR