FC2ブログ

こうすればよかったんだ!?決して明かされない株で勝ち続けるための必勝パターンの秘密とは?

# たった1秒○○するだけで、これから上昇する銘柄がわかってしまう方法!?

097_悔しい


こんにちはひろゆきです





多くの方がこれから
上昇する株を見送り






上昇しない、又は、下落しやすい株を
買う傾向にあります





これは特に初心者の方が
陥りやすい失敗でもありますので





買った株が下がってしまう





又は





買った株が一向にあがらない





と悩んでいる方は一読することをお勧めします








よく投資本などに
上昇トレンド中の株を買いましょう





という風に書かれていますが





そもそも上昇トレンドとは
どういったものなのか?





そして





上昇トレンドとなっている株が
わかっていても





その株を見送り
上昇しない株、又は、下落する株を買ってしまう





理由についてお話ししたいと思います








株で収益を得ようとする場合
結論から言えば、上昇トレンド中の株を買えばよいわけですが





この上昇トレンドとは単に
株価が上がっているもの
を指すのではなく





定義付けされたものがあります





上昇トレンドとは
高値と安値がともに前回の高値と安値を切り上げて
上昇しているものを言います


035_上昇トレンド



この定義に当てはまっている
高値と安値がともに前回の高値と安値を切り上げながら





上下運動を繰り返している株を
買えばよいわけですが





多くの方がこの様な株を見送り
下っている株、又は、一向に上がらない株を買ってしまう
傾向にあります





これは人間の心理が密接に関係しており





これを理解することで
あなたも上昇トレンド中の株を買えるようになります








【上がる株を買えない理由】





多くの方が上昇トレンド中の株を
買えずに見送ってしまう理由





それは





「もう、高値圏まで上昇しているので
これから落ちてきそう」






と感じてしまうからです





なぜ、
落ちてきそうと感じてしまうのか





それはチャートと呼ばれる
ツールの表現方法に問題があるからです





上昇トレンド中の株を
チャートで表示すると、以下の様に映ります


096_チャート1




人はこの図を見ると
そろそろ下がりそうと感じてしまうのです





これは
空白を埋めたくなる人間の心理が働くからです





この心理は人間に備わっている
脳の仕組みで





これにより人は





上昇トレンド中のチャートを見ると
脳が勝手に錯覚してしまい





そろそろ下がりそうと判断してしまうのです





この脳のいたずら(錯覚)を
理解して頂くために、





先ほどお見せした
上昇トレンド中の株の表現方法を
変えたものを2つ作りましたのでご覧ください


(図1)

096_チャート2



(図2)

096_チャート3






1つ目の図はチャートの右上の空白を
広くしたものです





2つ目はチャートの右下の空白を
埋めたものです





いかがでしょうか?





最初にお見せしたものと比較して
見え方が変わったでしょうか





特に図1は下がるどころか
これからどんどん上がりそう


(図1)

096_チャート2


という風に見えませんか?





これが人間の脳が作り出す
空白を埋めたいという心理であり
錯覚です





この脳のいたずらにより
多くの方が上昇する株を見送り
上昇しない、又は、下落しやすい株を
買ってしまう傾向にあります





この錯覚を理解することで
脳がいたずらをしないように





たった1秒でこのいたずらを
防止する方法を最後に
プレゼントしたいと思います





その方法とは





チャートを表示したとき
チャートの右下を手で隠してください


096_チャート4



たったこれだけです





「おいおい、ひろゆきさん
こんな子供だましが通用すると思ってるんですか」






と思われるかもしれませんが





一度騙されたと思って
チャートの右下を手で伏せてみるようにしてください





これは
私があなたを騙しているのではなく
脳の騙しを解除する1つの方法だと
理解して頂ければ結構です









今回の記事は以上となりますが
いかがでしたか?





ほんと子供だまし?
と思えるような内容でしたが
ぜひ、試して頂きたいと思います





私も、株価がこれから
下落しそうと感じた時は
この方法を使っていますし





難しいテクニックもいらない
誰にでもできるトレードノウハウです





私のブログでは
このようなトレードに関する
ノウハウを さまざまな角度から
紹介しております





・株式市場で資産を増やしたい方





・安定して株で勝ち続ける方法を
 知りたい方は






ぜひ、次回の記事も
チェックしてみてください!
スポンサーサイト
 | ホーム | 

# ただ今、工事中の記事です

095_工事中

 | ホーム | 

# 「一撃どかん!」のレンジブレイク法で勝てない訳とは?

045_出来高


んにちはひろゆきです





「レンジブレイク法」ってご存知でしょうか?





株価がレンジ相場にあるとき
レンジを上抜けする瞬間にエントリーし





跳ね上がったときの大きな値幅を
狙いに行くトレード手法です





一見、このトレード法は





短い時間で
一気に大きな収入を得ることができるため





1日で10万円!とか
1日で100万円!とか





そんなことを言っている人達がいますが





断言します
この手法では勝てません!






と言うか負けます





なぜそこまで言い切れるのか?





そして





どんなトレードプランを立てるべきなのか?





についてお話ししたいと思います





レンジブレイク法で勝てない理由
それは「レンジブレイクしない」からです



089_唖然



なぜ、レンジブレイクしないのか?





相場というものは
7割がレンジ相場だと言われているからです





もちろん言われているだけでなく
事実ほとんどがレンジ相場なんです





その残り3割のうちの半分。
1.5割の確率で上にいくのです





このほとんどありえない確率に
大きな資金を投じる行為が
必勝法だと思いますか?






むしろ自殺行為と言わざるおえません


090_愕然



もちろんレンジブレイク法を使って
勝っているトレーダさんもいらっしゃいます





でも彼らは
このレンジブレイク法だけを
使っているのではなく





基本的にトレンドに沿った
トレードを行い





ピンポイントで
レンジブレイクが狙える相場に
出会ったときだけ使っている
といったイメージです





ではどのようにトレードプランを
立てるべきなのか





事例を用いて
お伝えしたいと思います





下の図は
レンジブレイク法でもよく見る
レンジ相場ですが


091_値動き1



レンジブレイクする直前で
エントリーするのではなく





レンジのできるだけ下の方で
エントリーしてください





そして、このレンジ相場を抜けて
下に株価が走ったらロスカットする
というルールで取引したとしましょう





例えば図の黄丸地点で200株買い
レンジブレイク法のポイントとなる
上値抵抗線に近づいたら


091_値動き2



持ち株の半分の100株を
利益確定してください





こうするとどうなるか?





あなたはこのトレードにおいて
勝ちが確定するということです






どういうことかと言いますと





株価がこのまま下落し
ロスカットラインに到達したとしましょう





最初に100株分の
利益確定をしているので
あなたの資産は結果的に
増えていると思いますし


091_値動き3



確率は低くなりますが
このままレンジブレイクしたらどうなるか?





100株分保有したまま
となっているので





あなたの含み益はどんどん大きくなります





あとはあなたの好きな価格帯で
利益確定するば良いだけです





いかがですか?





あなたは今回私がご提案した
このトレードプランと





レンジブレイク法のプラン





どちらが勝てそうだと思われましたか?





多くの方が私のプランに
賛同して頂けるのではないかと思います





そして、トレードとは
期待値がプラスになるように
どのように取引をするべきなのか
ということなんです





私のブログでは
このようなトレードに関する
ノウハウを さまざまな角度から
紹介しております





・株式市場で資産を増やしたい方





・安定して株で勝ち続ける方法を
 知りたい方は






ぜひ、次回の記事も
チェックしてみてください!
 | ホーム | 

# 急騰銘柄に共通して表れるチャートパターンとは?

052_急騰銘柄



んにちはひろゆきです





今後、
株価の上昇が見込まれる銘柄には





全てといっていいほど
共通して表れるチャートパターンが存在します






このパターンを知っておけば
今後のあなたのトレードにおいて
大きな収益を得ることもできますし





株で一攫千金を狙うことも
十分可能となってきます






この急騰銘柄に表れる
チャートパターンとはいったいなにか?





そしてその根拠とは
どういったものなのかを
ご説明したいと思います





その説明に入る前に
今までに急騰した銘柄のチャートをご覧ください





<9820 エムティジェネックス>

087_急騰銘柄1




<3724 ベリサーブ>

087_急騰銘柄2(べり)





<3825 リミックスポイント>


087_急騰銘柄3(リミックス)



わかりますかね?
急騰銘柄に表れるチャートパターンが何か?





その答えをお伝えしますと





「株価が急騰する前に
出来高を伴う陽線が一定の間隔で発生している」






という点です





これがまさに急騰銘柄に
共通して表れるチャートパターン
であり、サインです





そしてもちろん





この様なチャートパターンが
発生するのには理由があります





その理由について
ひも解いていきましょう





まず、株価が急騰するための
基本的な点についてお話ししますと





株価は買われれば上がりますし
売られれば下がります





なので、株価が急騰するためには
大きな買い注文が発生する必要があります





そして大きな買いを入れてくる
人達は





機関投資家やファンドと呼ばれる
大口の投資家の買い注文により株価は急騰するのです





ここまではご理解して頂けると思います





そして彼ら大口の投資家は





あまりにも投資資金が膨大なため
一気に買い注文を出すことはしないんですね





なぜなら
一気に資金を投じてしまうと





自ら株価を上昇させてしまい
値幅が取れないからです





彼らの戦略は緻密です
できるだけ安い価格帯で
株を買うために





何か月(又は何年)にもわたって
低い価格帯で買い注文を仕込むのです





そう、その仕込んでいるサインが
まさに、株価が急騰する前に表れる
出来高を伴う陽線です



087_急騰銘柄4(出来高)



そして、一時的に株価が急騰した後に
また株価が下がってきているかと思います





これは価格がこのまま上昇しない様に
買った分の一部を売却し、
みずから下げているのです





なぜそのようなことをするのか





カンの良い方なら気付かれたかもしれませんが





できるだけ安い価格帯で
株を買うためです





一時的に下落させることにより
個人投資家に株を手放させることで
安い価格帯でその銘柄の株を買うことができるのです





そして十分に低い価格帯で
株を仕込んだあと彼らは追加で
大きな買い注文を出し





一気に急騰させてきます


088_急騰



そうなると
世間が騒ぎはじめ
更に株価上昇の速度が増してきます





ニュースでも取り上げられるし
メディアも参画してきます





「今話題の急騰銘柄!」





といった感じですね





そうなるとほっといても
株価は上昇していきます





そして株価の上昇が
十分まであがった後に
大口の投資家は利益確定売りを行い





株価は一気に大暴落をおこします





これが急騰銘柄を作り出す
仕組みです





多くの方達は株価が上昇するのは
企業の業績がよかったからと





思っていますが





実は企業の業績はさほど株価変動に
影響を与えません





大口の投資家が
買ったり売ったりするから
株価が変動するのです





そして
大口の投資家の動向を
チャートから読み解く方法が
テクニカル分析と呼ばれる手法で





プロの間でも活用されている
テクニックです





私のブログではさまざまな角度から
このテクニカル分析のノウハウを
お伝えしておりますので






・株式市場で資産を増やしたい方





・安定して株で勝ち続ける方法を
 知りたい方は






ぜひ、次回の記事も
チェックしてみてください!
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。