こうすればよかったんだ!?決して明かされない株で勝ち続けるための必勝パターンの秘密とは?

# 1,000,000円を溶かしたこの私が、たった1つの手法を取り入れただけで、勝ち組になれたその秘密とは?

056_おおっ


んにちは
株トレーダーのひろゆきです


今回は
プロのトレーダー、及び、
常勝トレーダーたちが





どのようにして勝ち続けているのか
その秘密について






そして
その方法とはどのようなものなのか
についてお話ししたいと思います





この方法は
全てのプロトレーダーが
実践していることであり
この方法を知ることで


あなたも常勝トレーダーになることができます



逆に
この方法を知らないのであれば


株式市場で
まず、勝ち続けることができません






それほど重要な内容と
なっておりますので


今回の記事も
しっかりチェックしてくださいね




まず


多くの方が勘違いされている点
について、最初に訂正させて頂きます





プロのトレーダーって
株価が上がるのか
下がるのかがわかる


「なにか特別な情報」
をもっているのではないか




とか




何か有料の
「急騰する銘柄の情報」
を買って取引してるのではないか





とか




何か裏技的な
「株価が上がる絶対的サイン」
を知っているのでないか






とか


そういう風に考えている方が
大勢いらっしゃると思うのですが


実はそんなことはありません





もっと言うと
本物のトレーダーは
株価が上がるのか
下がるのかということを


さほど重要視していないのです







それはなぜか?


株価が
上がるのか、下がるのかを
100%あてることは


不可能だということを
知っているからです







「でも、80%とか90%の確率で当てるから勝ってるんでしょ?」


と考えがちですが
そうでもありません





本当に勝っている
トレーダーというのは
実は勝率30%前後だったりします


「おいおい、
30%じゃ負けるだろ!!」



と思われるかもしれませんが
「勝率30%でも勝つ方法がある」
ということなんです






その秘密を
私のブログにたどり着いた
ラッキーなあなたにだけ
お伝えしたいと思います





その方法とは


「損小利大」の方法です


「損小利大」とは、
損を少なくして
利益を大きくする取引手法のことです




プロトレーダーが勝っているのは


負けを小さくして
勝てるところで大きく勝っているということなのです






プロトレーダーの日々の成績を見ると


実は負けている回数の方が多く
勝っている回数の方が断然すくないのです


でも、それが1ヶ月を通してだとか


1年を通して見れば、


トータル的にプラスにしている
ということなんです





プロはそういった取引を
しているのです

057_プロトレーダー




この話をより具体的に
理解して頂くために
実際に私が取引した


リアルチャートで
その効果のほどをお見せしたいと思います





まずは「損小利大」の「損小」の部分
損を小さくするという取引事例です





下のチャートは
「4755:楽天」の銘柄です


058_株取引1


7月下旬あたりに
長い陽線がでた後に1,350円で
100株買い注文を出しました


それと同時に


損をできるだけ少なくするため
1,320円以下になったら
株を売却する損切注文を出しています


このチャートだけだと
これから右肩上がりに
伸びていくように見えますが






その後、どうなったのかと言うと

059_株取引2



急落し、1,320円のラインに
到達したため、損切注文が走り


30円(差額)×100株=
3,000円の損失を出してしまいました





でも、この
「損をできるだけ少なくするため」
損切注文をだしていないと


どうなっていたのかというと

060_株取引3


12月にかけて大暴落しています





その差額、実に300円


金額に計算すると
300円(差額)×100株=
30,000円の損失を出していたことになります





いいですか?


下がり出した株価というものは
予想をはるかに超える勢いで下がり続けるものなのです


この銘柄はまだ株価が1,000円程度ですが


1株、数万円もする高額な銘柄だと
1日で1,000円下落するなんて
ことは日常茶飯事なんです


だから、
できるだけ損を少なくするため
損切が必要なのです







次に「損小利大」の「利大」の部分
利益を大きくするという取引事例です



下のチャートは
「3436:SUMCO」の銘柄です


061_株取引4


これは9月中旬ごろ
青と紫の線が交差したのを確認して
1,700円で今度は200株買いました


それと同時に


損をできるだけ少なくするため
1,600円以下になったら
株を売却する損切注文を出しています


このチャートだけだと
一番右のローソク足が
下がり始めているので
また、損をしそうに見えますが・・・






その後、どうなったのかと言うと


062_株取引5


12月にかけて急騰しています


その差額、実に1,000円


金額に計算すると
1,000円(差額)×200株=
200,000円の利益を得たことになります




その証拠も
お見せできます

063_株取引6

本当は私の成績を
こんなところで公表するのは
非常に、お恥ずかしいのですが


ここまで私の記事を
ご覧になっている
あなたには
特別にお見せしています








(失礼しました・・
そんな私ごとの話は一旦、置いといて
株価の上昇の話に戻しましょう)



いいですか?


勢いのある株価というものは
予想をはるかに超える勢いで上がり続けるということなのです


ですので
株価が上昇しだしたら
直ぐに売ってはいけないということなのです


売るタイミングは
株価の上昇が止まり
株価が下がり出した時に
売るようにしてください









この際ついでなので



一切のリスクなく
株価の上まで
利益を出せる手法についても
お伝えさせて頂きます






その手法とは
「トレ-リングストップ」
という手法です







株価が
あなたが買った値段より
上にあるとき


損切ラインを株価の上昇にあわせて
上に引き上げてください

064_株取引7




こうすることで


一定の利益を確保しつつ
さらなる利益も狙える状態になるのです







わかります?


100株や200株程度の
買い注文しかだせない
小心者の私ですら


この方法を取り入れただけで


これだけの収益を
だせるようになったんです





これが
トレードの技術であり
プロの技術です




そしてこの
トレードの技術をこれからも
出し惜しみなく記事にしていこうと思います


・株式市場で資産を増やしたい方

・安定して株で勝ち続ける方法を
 知りたい方は



ぜひ、次回の記事も
チェックしてみてください!
 | ホーム | 

# 何を信じればいいの?一流アナリストたちの株価予想があたらないわけ!

052_急騰銘柄

これから急騰する
銘柄を一挙公開!





一流アナリストが
厳選する3銘柄とは!!





プロが厳選する
来年も上場来高値更新が
期待される銘柄は・・・




といった「キャッチフレーズ」を
よく見かけますが




あなたは
「アナリスト達の株価予想はあたらない」
という真実をご存じですか?





彼らは株価を予測するプロ
と誰もが信じて疑わないわけですが


彼らアナリストたちの言葉を信じ
言う通りの銘柄を購入しても


一向にあなたの資産は増えないのです





なぜなら
そもそも彼らの予測はあたらないからです







もし、彼らの予測があたるのであれば


株を始めている人達は
みんな大金持ちになっているはずです




あなたの周りに
株で儲けているという人を見かけるでしょうか?


たぶんいないと思います
むしろ、損している人の方が
多いのではないでしょうか







この話をしても、まだ


「ちょっと信じられない・・・」


といった方もいるかと思いますので
少し面白いものをご用意しました




アナリスト達が株価予測をしている
サイトの画像です


彼らの勝率に注目して見てください


053_アナリスト



いかがです?


プロと呼ばれるアナリスト達の成績


勝率が40%~60%程度ですよ




ぶっちゃけサイコロを転がして
出た目に応じて
株価が上に動くのか
下に動くのかをあてるのと


何らかわらない
と思いませんか?




アナリスト達の株価予測はあたらない


なぜ、あたらないのか?
その理由について
お話ししたいと思います



【理由1:
アナリストは業績を分析するプロ
であり、株価を予測するプロではない】


005_なぜ売り時?


アナリスト予測の基本は、
企業収益(EPS:一株利益)と
レシオ(PER:株価収益率)です


この2つの数字を基本に、
業界の動向調査や競合が
どのような状態かなど


企業を多角的に調査し、
業績を予測するわけです








でも株価は、当然のことながら
企業収益やレシオといった
企業業績だけで動いているわけでは
ありません


株価とは
あらゆるものから
影響を受けて変動するからです





例えば


「日経平均」、「日経先物」
「消費者物価指数」
「商品先物」






そして、
「機関投資家」と呼ばれる
大口の取引でも大きく変動しますし


他にも「ファンド」、
「GPIF」と呼ばれる政府が介入していたり


「日銀」が追加緩和で
大きな買いを入れることでも
株価は変動します





そして
株に介入してくるのは
日本人だけではありません
「海外投資家」であったり




「為替レート」からも影響を受けます


株式投資を既に始めている方なら
ご存じかもしれませんが
円安になると日本株が上がり
円高になると日本株が下がりますよね





以外にも


「中国の上海市場」
「香港市場」
「欧州市場」
「原油価格」でも変動したり
「震災」、「テロ」、「戦争」、
「政治」、「アメリカの雇用統計」等





株価はありとあらゆるものから
影響を受けて変動するものなのです





アナリスト達が根拠にしている
企業の業績は


そのうちのたった1つの要素でしかないわけです





そんな数%しか株価に
影響を与えない情報を提供されても
あたるはずないんですよね




あくまで
アナリストは業績を分析するプロであり
株価を予測するプロではないということなのです






アナリストが株価予想のプロである、
という思い込み自体が
間違っているということなんですね






【理由2:
アナリストは株価を当てることが仕事ではない】


054_仕事



アナリストは業績を分析するプロ
であり、株価を予測するプロではありません


ですので
彼らの予測はあたらない訳ですが





彼らからしてみれば、
それでも一向にかまわないのです





なぜなら彼らの仕事は
「株価予測を当てて投資家をハッピーにすること」
ではないからです




むしろその逆。


彼らの仕事は
「投資家に、より多くの売買行動をとらせること」
だからです





どういうことかというと


彼らは証券会社に雇われて働いています


彼らの予測により
投資家が多くの売買行動をとれば
その分手数料が証券会社に入ることになります


それが彼らの仕事であり
狙いなんですね





極論すると


株価予測が、
当たろうが、外れようが


投資家が、
得しようが、損しようが






彼らにとっては
そんなこと、どうでもよいのです


投資家が多くの売買行動を
とりさえすればそれだけでいいんですよ




ひどくないですか・・・?


それでもあなたは
アナリスト達の予測を信じ続けるのですか?





【理由3:アナリストは本当の情報を公開していない】

055_嘘



アナリストが予測を出すときには、
必ず各々会社の名前を背負っているわけです。


あまりにも現在の株価と乖離した予測を出すと


「お前のところの
社員がおかしなことを言っているぞ」



と、なりかねないわけです





本当はもっと上、あるいは下の株価
になると予測していても、
口に出せないといったことがあるのです






実は私も、
国や地方公共団体から地域経済の
計画を委託されるコンサルティングを
やっていたことがあるのですが


その地域に役立とうとして、
一生懸命、地域経済の調査・分析
を行い、提案をしても


官庁の答えは最初から決まっており、
道路やダムを作る土建公共事業に
書き換えられてしまうことが多々ありました





それに、反対はしても、
調査に必要なお金を出して
もらっているのが官庁であれば


答えを書き換えるしかないのが実情でした。






アナリスト達も同じで
証券会社から給与を得ている以上
逆らうことはできないのです


本当はもっと上、あるいは
もっと下の株価になると
予測していても


それを公表できないといったことがあるんですね



味も素っ気もない言い方になりますが


証券アナリストに課せられた目標は、
証券会社の利益である、
できるだけ多くの手数料収入を上げることです






多くのアナリストが、
実際の日経平均実績より
予想が良い方に偏りがちなのは
これが原因だと言われています





彼らアナリストは、
属している会社の中でも頭がよく
優秀な方々。


立場もある以上、
なおさら突拍子もないことは言えないのです。




アナリストも所詮、会社員ということです







以上のことをふまえて


あなたはそれでも
アナリスト達の予測を信じ続けますか?







「でも・・・何を信じて取引をすればいいの?」





それは
チャートから今後の株価を予測する
「テクニカル分析」という方法を
とってください


この方法は
億を稼ぎだすプロのトレーダーも
使っている手法です


そして私のブログでは
この「テクニカル分析」の方法を


さまざまな角度から
お伝えしていますので


・株式市場で資産を増やしたい方

・安定して株で勝ち続ける方法を
 知りたい方は



ぜひ、次回の記事も
チェックしてみてください!
 | ホーム | 

# 私は株で月収5,000万円稼ぎました!そのからくりとは?

046_株で5000万


ネット広告で


「私は株で月収5,000万円稼ぎました!」


といったものや


「たった1ヶ月で1,000万稼いだ方法」


といったものをよく見かけますが








「あなたはこれらの情報をどれぐらい信じられますか?」





ほとんどの人は


「怪しい・・・何か裏があるに違いない・・・」


「そんなおいしい話があるはずない!!」


「きっと詐欺っぽい投資系話に違いない」



と見向きもしないと思います





でも、
言ってることは嘘ではないんですね





中には詐欺っぽいものもありますよ


でも、
株式市場において
短期間のうちに
大きな収益を得ることは可能であり


裏技でもなんでもなく
「とある取引手法」を使えば
合法的に大きな収入を得ることが
できるんです




この手法は
別に特別な人でなくても
誰にでもできるのですが


株取引を行っている
およそ1割程度の人しか
活用していません





株で勝っている人は
必ずこの手法を取り入れていますし


勝ち続けるためには
この手法が必須不可欠です





もしあなたが
毎月、株式市場から
継続して収入を得たいのであれば


この手法を実践することをお勧めします




では
「とある取引手法」とは
いったいなんなのか






そして





短期間のうちに数千万もの収益を得る
その「からくり」について


お話ししたいと思います






とある取引手法


それは
「信用取引」の
「空売り」
です





「空売りってなに?」

045_ハテナ

と言う方もいらっしゃるので
「空売り」とはどういったものなのか
を先にご説明したいと思います





「空売り」とは
株価が下落しているときに
有効な手段で


先に株を売っておいて
後で株を買い戻すことで
その差額で収益を得る方法です






通常の現物取引では
持っていない株を売ることはできませんが


信用取引の口座を開設すれば
持っていない株を売る
「空売り」という行為が
可能となります


「株を持っていないのにどうやって売るの?」


と疑問に思われるかもしれませんが
証券会社が保有している株を
借りて売ることができるのです





例えば
1,000円の株式を1,000株
証券会社から借りて売ります

047_空売り

そして
株価が800円に
下落したタイミングで株を買い戻し


証券会社に借りていた
株式を返したとしましょう





この時、証券会社に返すのは
金額ではなく借りていた株式なので


下落した200円分の差額
200円×1,000株=
200,000円が


あなたの手元に残り
これが収益となります

047_空売り



「株式を借りたり返したり何かややこしそう」


と感じるかもしれませんが
株を「売るのか」「買うのか」
の注文を出すだけで


株式の借用や返却は
証券会社のオンラインシステムが
すべて自動で行ってくれるので
難しく考える必要はありません





そして
短期間のうちに数千万という
大金を手に入れる方法も


この空売りを使用することで
可能となります


なぜ空売りで短期間のうちに
大きな収入を得ることができるのか





その理由は


株価は上昇するときより
下落する時のスピードが速く
1撃で大きな値幅を取りやすいからです






株価が下落するスピードは
上昇時の3倍、中には5倍と言う人もいるぐらいです




株価が上昇するときというのは
すごく時間がかかるものなんですね


そして
すごくパワーを必要とします


そこで何が起こっているかというと
買い方と売り方の攻防が
繰り返されているんです



そして買い方が勝ったときに
始めて株価が上昇していきます





一方
株価が下落するとき
上昇するときほど
パワーを必要としないのです


株価の下落が始まると
利益が乗っている人は
これ以上利益が減らないように
売りますし


損している人は
被害が大きくなる前に
我先にと
株を手放し逃げようとします


売りが売りを呼び
どんどん加速していくイメージです


ほんとにストーンと
落ちていきます

048_陰線




短期間のうちに
大きな収益を得る人は
この株価の特性を
利用しているんですね


そしてネット広告を出しているような人は


「短期間のうちに
多くの収益を得た」


と言うことを
「うたい文句」にしたいので


インパクトの強い空売りの成績を
披露しているだけなのです




でも
「空売り」の本当の利点は
1撃で大きな収入を得るだけではありません




「空売り」を使えば
上昇時でも、下降時でも
収益をだすことができるようになる点です





なぜなら
常に上がり続ける相場はなく


相場の半分が
下降トレンドだからです




例えば、下のチャートは
日経平均株価の10年間チャートです

049_日経平均




株式市場では必ず
右肩上がりの強い相場の時期と
右肩下がりの弱い相場の時期があります


常に右肩上がりの
強い相場であるならば
「空売り」を使用する必要はありません





でも必ず
右肩下がりの弱い相場の時期はあります


このとき
日本株のほとんどが
右肩下がりのチャートを描くんです





値上がり銘柄数は300
値下がり銘柄数は1700


といった具合です


この時あなたは
300の値上がり銘柄を
探し出すことができるのでしょうか?


確率で言うと15%ですよ


これはプロでも難しいことです


むしろプロは
下落相場では現物取引ではなく
信用取引の「空売り」を仕掛けます




上昇時は通常の
現物取引だけでも十分ですが


空売りをマスターすることで


下降トレンドでも
収益が出せるようになるのです




あなたも株式投資で
安定して収益をあげたいので
あれば


この「空売り」を
実践することをお勧めします





そして


次の下落相場が来る前に
必ず信用取引の口座を開設して
準備をしておいてください



その根拠は


下落が始まってから準備していては
遅いからです


株価の下落は上昇時の
3倍でしたよね




口座開設を申し込んで
口座が作成されるまでの間


ただただ株価が下落していくのを
指をくわえてみているのは


非常にもったいないので


今すぐにでも信用取引の
口座開設の申し込みをすることを
強く推奨します


そして




「空売り」について
1つ注意点もあります


「空売り」では
逆張りをしないこと!

です





逆張りとは
トレンドに逆らって逆の方向に
エントリーする手法で


上昇トレンドで株価が最高値に
ある状態で「空売り」を仕掛ける
場合です

050_逆張り(上昇)



成功すれば
大きな収益につながるのですが


上昇トレンドでの逆張りは
下降トレンドでの逆張より
リスクが高くなります




その理由は
株価の上限は青天井だからです





例えば、
下降トレンドでの逆張りの場合は
最悪株価は0円で止まります

051_逆張り(下降)


ところが


上昇トレンド中、
「売り」でエントリーした場合


株価はどこまででも上がる
青天井状態です


STOP高で止まるので


ほぼありえない事態ですが
最悪1発で資産が吹き飛ぶ


リスクがあることも認識しておいてくださいね







今回は
空売りとはどんなものなのか
をお伝えさせて頂きました


空売りを実践している方が少ないので
今回の記事では
ごくごく基本的な内容でしたが


どこで売って
どこで買い戻すのかといったことも
今後、記事にしていきたいと思います


・株式市場で資産を増やしたい方

・安定して株で勝ち続ける方法を
 知りたい方は



ぜひ、次回の記事も
チェックしてみてください!
 | ホーム | 

# プロトレーダーが見ている3つの目線!あなたは株価がどちらに動くか見抜けますか?

031_目線


「プロトレーダー」が見ている目線!


どのように
チャートを分析し


どのように
今後の株価を予測しているのか





これさえわかれば


株式市場から
毎月大きな収入を
得続けることができるようになります


プロだけが知っている
株価がどちらに動くのかを
見極める方法



についてお話ししたいと思います






その前に


プロが見ているチャートって
こんなイメージを持っていませんか?

032_チャート1



チャート上に
いっぱい線が引かれていて
「何か難しそう」
というイメージです




このチャートに表示されているものは
ボリンジャーバンド、一目均衡表、
移動平均線といったもので


総じてインジケーターと呼ばれており
値動きを予測するために
ついている指標です





しかし、プロは・・・


こんなインジケータに
頼ったりはしないのです





プロが見ているチャートとは
こんなイメージです

033_チャート2




とてもシンプルです


中には
移動平均線と呼ばれる
「緑色」と「オレンジ色」の線すら
表示させない人もいるぐらいです




なぜ、勝ち組トレーダーや
プロのトレーダーはインジケータを
必要としないのでしょうか





それはノイズが入るからです




プロはチャート上に刻まれている
ローソク足と呼ばれる
株価の変動にしか興味がありません




インジケータを表示すればするほど
ローソク足が見づらくなる


ただそれだけなのです




そして、インジケータでは
今後の株価を予測できないという


「真実」を知っているのです


(ここだけの話
インジケータに頼って勝ってる人を
聞いたことがありません)






インジケーターと呼ばれるものは
過去のデータを視覚化するもので


今後の株価を予測する
指標ではないからです




では
プロトレーダーは何を見て
今後の株価を予測しているのか


プロトレーダーが見ている3つの目線


その3つとは


①トレンド
②抵抗
③出来高



この3つです




【プロトレーダーが見ている3つの目線】
   【トレンド】


044_トレンド

株価とは
一見、不規則に動いているように
見えるのですが
トレンドというものがあり


このトレンドの指し示す方向に
向かって上下運動を繰り返しながら
変動します


トレンドには株価が上昇していく


「上昇トレンド」





株価が下落する


「下降トレンド」





そして、株価が一定の間隔を上下する
トレンドがない状態のことを


「トレンドレス」と言ったり
「レンジ相場」と言います




そしてトレンドには
一定期間継続する性質があります




トレンドの継続期間は
短いもので数週間から
長いものだと数年間
継続するといわれています


この
「一定期間継続する性質」
を利用するわけです




例えば


株価が上昇トレンドにあるとき
株を買っておけば
この「上昇トレンド」に乗って
株価が上昇しますし


株価が下降トレンドにあるとき
「空売り」で先に売っておいて
株価が下がった時に買い戻すことで
収益を得ることもできます




このトレンドを見極める方法が
わかれば勝てそうではありませんか?




ま、普通に勝てるわけですが




このトレンドを見極める方法


その答えは
「ダウ理論」にあります



ダウ理論とは100年以上前に
アメリカのチャールズ・ダウが初めて
トレードを体系化した理論で


この理論は100年を経過した
今でも有効な普遍の理論です




ちまたで噂の
「株で1億円儲けるトレード手法」
だとか


「これから急騰する厳選銘柄」
といった情報が溢れていますが


そのトレード手法が
何の理論に基づいて作られているのか




普遍の理論に基づく
トレード手法であれば
それは信頼性の高い方法と言えますが




そもそも理論がなかったり
間違っていると


そのトレード手法は
既に破たんしていると言わざる負えません




例えば
一時期ビットコインが急騰していた
時期がありました


それに伴う投資関係の商材が
出回りましたが


これは上昇トレンドにある
その期間限定の
トレード手法なわけで


今後も使える方法かと言われると
そうではありません




あなたはそんな一時的なものをほしいのですか?


そうではなくもっと継続的に
資産を増やし続けられるものを求めているはずです




その答えが「ダウ理論」にあり
全てのプロトレーダーが
提唱している理論です




ではこの「ダウ理論」に基づく
トレンドの考え方について
もう少し具体的に
見ていきましょう


================

【ダウ理論基本法則4】

平均は相互に確認されなければ
ならない、同方向のシグナルが、
複数の平均指標から見られなければ、
トレンドは明らかでないという指摘。

================


少しわかりにくい表現ですので
かみ砕いてご説明すると


「上昇トレンド」とは


「高値」と「安値」が共に
前の「高値」と「安値」より
切りあがっているもの


035_上昇トレンド



逆に


「下降トレンド」とは


「高値」と「安値」が
共に前の「高値」と「安値」より
切り下がっているもの


036_下降トレンド




と言う定義があるんです


ここまでは非常に簡単な
考え方ですのでご理解いただけると思います


そしてもう一つ
重要な理論がトレンド転換の理論です


================

【ダウ理論基本法則6】

トレンドは明確な転換シグナルが出るまでは継続する


================


なぜ、この理論が重要かというと


株価を低値で買おうとしたとき


ほとんどの人が
「下降トレンド」から
「上昇トレンド」に転換するポイント
を見誤って取引しているからです


以下の図を見てください

037_転換


この図では
「ア」は下降トレンド継続中はもちろんのこと


「イ」でも、まだ明確な転換シグナル
がでていないので
下降トレンド継続中なのです


なぜなら
「トレンドは明確な転換シグナルが出るまでは継続する」
からです


明確な「上昇トレンド」のシグナル
が出て始めて転換したと
言えるからです


上昇トレンドの定義とは


「高値」と「安値」が共に
前の「高値」と「安値」より
切りあがっているもの


でしたよね

037_転換

この「イ」では
「高値」は切りあがっていますが
「安値」が切りあがっていません


この地点ではまだ
下降トレンド継続中であり
株価は下落する可能性の方が高いので


ここで手を付けてはいけないということなのです


もし買いでエントリーするのであれば

038_転換ポイント


「ウ」での反転を確認してからにしてください


なぜならここで初めて
トレンドが転換したと言えるからです


これを理解せずに
株価が安くなったからといって
エントリーをしてしまい


更に急落して大損する人が
後を絶たないわけです





また、
上昇トレンドから下降トレンドに
転換する場合も同様です


039_上昇から下降の転換ポイント

「ウ」までは上昇トレンドが
続いていると判断し


「空売り」でエントリーする場合も
「ウ」の反転を確認してエントリーしないといけません





【プロトレーダーが見ている3つの目線】
   【抵抗】


043_抵抗

株価というものは
常に上下運動を繰り返しながら変動します


これはどのチャートをみて頂いても
そうなのですが


必ず、上下運動の波が発生するものなのです




上昇トレンドのときでも
そうです


上昇トレンドでも一直線に株価が
上昇するのではなく


必ず、上下運動の波を刻んで
株価は変動します




なぜ、波が発生するのかというと
そこに「抵抗」があるからです


株価はこの「抵抗」に止められながら
時には、「抵抗」を超えながら
次の「抵抗」までジグザグ動くもの



なのです


プロのトレーダーはこの
抵抗がどこにあるのかを見つけ出し


抵抗を意識しながら
波の方向を見定めて
エントリーしているんです




要は、プロトレーダーは
次に株価がどちらに進むのかが
見えているのです


そしてこの抵抗が
どのようにできるのかを
知ることで


あなたも抵抗がどこにあるのか
わかるようになります





「抵抗」はどこにできるのか?


それは「買い方」と「売り方」が
ぶつかったところに「抵抗」が生まれます





例えば、上昇トレンドで言うと
下の図の矢印のところです

040_低値買い

よくイメージして頂きたいのですが
「ア」で株を買う人達って
どんな人達かわかります?


ここで買う人達は
相当の資金を持っている人達です




大金持ちといっても個人ではありませんよ


団体で投資をしている組織と考えるのが普通です




なぜなら


下落する株価を跳ね返して
上昇トレンドを作れるぐらいなので
億だとか兆の金額を動かせる人達だからです




仮にこの人達をAグループと名付けます


Aグループは株価の上昇を
望んでいるわけですから


この株価が反転した地点には
相当の大きな「抵抗」
があると考えることができます


そして「イ」地点
ここでいったん株価が
反発していますが


ここでは株価を下げようとする
組織の存在が確認できます

041_抵抗ライン



この組織をBグループとします


Bグループはトレンドを
止めようとする勢力なわけですから


「イ」のラインを守ろうとします
つまり、ここにも「抵抗」が生まれたわけです


その後株価が少し下落して
また、買い勢力が高まっています
この株価が反転している個所に
また「抵抗」が生まれました

042_抵抗ライン(ウ)


この抵抗を作っている人達は
Aグループが関与していると考えます


そうトレンドを最初に作りだした人達です


これは
株価を上げたいAグループと
株価を下げたいBグループの戦いなのです

042_AとB



そしてBグループの防衛ラインである
「エ」も突破されています

043_レジサポ

この図から言えることは
BグループよりAグループの方が強い
ということです


そしてAグループが作り出す
「ア」、「ウ」といった反転ポイント


ここに強い「抵抗」があるということなのです




「抵抗」と一言でいっても
強い抵抗と弱い抵抗があるんです



「抵抗」は株価の変動により
強くなったり、弱くなったり、変化することもあります




例えば、「エ」地点。

043_レジサポ

最初は売り勢力が強かったのですが
一度Aグループに負けてしまうと


ここの「売り勢力の抵抗」が弱まるだけでなく


専門用語で「レジサポ転換」といって
「買い勢力の抵抗」に入れ替わるのです




なぜ、「買い勢力の抵抗」に
入れ替わるかというと


ここでは売り勢力に打ち勝つだけの
多くの買いが発生した地点です


ここで買った人達はこの地点より
株価が上にあることを強く望んでいます


なので下落しようとする勢力に
反発する動きを見せるからです




プロトレーダーは
この「抵抗」を見ています


そしてどこに「抵抗」があり
どの「抵抗」が強いのか弱いのかを
見ているのです



【プロトレーダーが見ている3つの目線】
   【出来高】



014_出来高



チャートの下に棒グラフがありますが
これが出来高と呼ばれるもので
その日の売買株数を表しています


つまり出来高とは、取引規模だと言えます




多くの方達は「出来高」を
軽視しがちですが


プロトレーダーは
ここもしっかり見ています




どのように出来高を見ているのかというと


大きな勢力の流入・流出といった目線です


先ほどのAグループとBグループの
戦いを思い出してください


トレンドを変えてしまうような
Aグループ


この勢力はかなり
大きな組織が市場に参画してきたと考えられます


この時大きな出来高が発生し
プロは新たな組織が流入してきたと
みるのです




株価が上昇トレンドに転換するとき
または、
抵抗勢力を打ち破って上昇するとき
必ず、大きな出来高を伴います




株価が下落から上昇に波が
反転したとき
チャートだけでは大きな勢力が
参画してきたのか


単なる下げ過ぎによる
反発なのか


見抜くことはできません




しかし
プロはきちんと出来高も見て
その反転がなぜ起きたのか?


その指標として
出来高を見るのです


出来高は株価の値動きと
セットで見る必要があります


1)株価上昇+出来高大=
  多くの資金が流入:相場が強い

2)株価上昇+出来高小=
  流入資金が増えていない:弱さを内包

3)株価下落+出来高大=
  資金が流出:相場が弱い

4)株価下落+出来高小=
  流出資金に歯止め:強さを内包



といった具合です


この出来高についても
ダウ理論で明記されています


================

【ダウ理論基本法則5】

トレンドは出来高でも確認されなければならない

市場の終値の変動をダウは重視するが
同様にトレンド発生の確認手段として
出来高の推移も重視する。

================



【チャートを見る目線が変わりましたか?】




かなり、かけあしで
プロトレーダーの目線について
お話ししてきましたが


あなたは今までチャートを見て


「こんな棒グラフみたいなものから
何がわかるの?」



と思っていませんでしたか?




でも安心してくださいね
過去の私もそう思っていましたからw




でも、今回のこの記事を読んで
その考え方はどう変化したでしょうか


人それぞれ知識レベルや
感じ方が違いますので


これを読んだだけで


「勝てる!!」


と思った人もいるでしょうし


「いけそうだけど、ほんとかな~」


といった感想や


「なんとなく重要性がわかった気がする」


と感じた方もいるでしょう


でも、
少しでも「チャート」に対する見方が
変わったのであれば


私はきっと小躍りするぐらい
喜んでいますw




この記事で書いてあることは
基本的なほんの一部ではあるのですが


チャートの重要性が
伝わっているのであれば本望です




最後にダウ理論の
基本法則1をお伝えして
締めたいと思います


================

【ダウ理論基本法則1】

政府が発表する経済統計や
企業の業績・更には

自然災害の様な予測不可能な
事象に至るまで、需給に関する
あらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。

================

これはチャートには株価を変動させる
全ての要素が織り込まれていることを
説いています


チャートを制すれば
株トレードでも勝てるようになります


そしてこれからも
このチャート分析にかかる
記事を作っていこうと思いますので


・株式市場で資産を増やしたい方

・安定して株で勝ち続ける方法を
 知りたい方は



ぜひ、次回の記事も
チェックしてみてください!
 | ホーム | 

# 【必読】また、含み損増えてる・・・あなたが買ったその銘柄、大暴落の可能性があります

027_お金をなくす


株式投資を始めたきっかけはなんですか?



「数万円で買った株が、
数千万、数億円になるかもしれない」




「将来の不安もあるし、
自分のことは自分で何とかしたいので、資産運用が必要だ」




「楽して稼ぎたい!」




「銀行預金では満足できない、
もっと金利の良い資金運用をしたい」



などなど


人それぞれ株式投資を
始めたきっかけは違えど


共通して言えることが
資産を増やすために
株式投資を始めているということです





しかし


投資家のほぼ9割が
資産を減らしているという
現実が存在します


資産を増やすために始めた
株式投資で


なぜか9割の人が
資産を減らしているんです





でも


たった1つのことを実践するだけで
この9割の負け組から
抜け出すことができるんです




そう、たった1つです




これを知っているか?知らないか?
の違いで


あなたの勝敗に大きく関わって
きますので、耳の穴かっぽじって
よく聞いてくださいね
(ブログ記事なのでよく読んでくださいw)




そのたった1つの事とは
何なのか?






それは
「損切(ロスカット)」です



損切とは
株価が買った値段より下がりだしたら


それ以上損失を拡大させないために
株を売却する行為です


書店で売ってある
数千円程度の株式関係の書籍では


この程度の説明しか
書かれていませんが


実はこれが最も重要なことなのです





そしてあなたが株式投資で
資産を増やしたいのであれば
必ずこれを実践してください







今回の記事では


なぜ、「損切」が最重要事項なのか?


そして


頭ではわかっていても
損切できずにずるずると
損を増やしてしまうその理由



について
詳しく解説したいと思います




【なぜ、「損切」が最重要事項なのか?】


026_重要


「損切は重要だと聞くけど
なぜ損切しないといけないの?」


「損切ばっかりやってると結局損が増えませんか?」





といったご質問をよく受けるのですが
それは損切の重要性を
正しく理解できていないだけなんです


「損切する」ということは
ある意味、損を確定してしまう行為ですし


それなりの理由がないと
やはり損切なんてできませんので


損切の重要性、
損切をする理由についてお話ししたいと思います


その理由とは以下の3つが挙げられます


1.損失を最小限に抑えるため
2.資金効率を上げるため
3.収益領域でトレードをするため





1.損失を最小限に抑えるため


こちらのチャートをご覧ください

027_チャート1


4,200円台から一気に急落しています


一度下がり始めた株価は
想像をはるかに超える勢いで
急落するものなのです


そして戻ってくる保障はありません


ですので
損失を拡大させないためにも
損切をするのです




しかし


これを納得して頂けない方が多いのも事実です


「会社の価値が、
そんな急に落ちることはないのでは?」


「一時的なもので
そのうち戻ってくるのでは?」





と自分の都合の良い方に
考えてしまうからです




もちろん会社の価値が
急に落ちることはありません


ですが


株の値段というものは
会社の価値ではありません。





他の記事でも解説していますが


株価は「需要と供給」によって決まります


つまり、
買いたいと思う投資家と
売りたいと思う投資家の
多数決で決まるということなのです




下がりだした株価はどこまで落ちるか誰もわからない


だから、
これ以上損を拡大させないために
その銘柄を捨てるのです!!


そして上がる銘柄に乗り換える
必要があるのです




2.資金効率を上げるため


こちらのチャートをご覧ください

028_チャート2


急落した株価が
2ヶ月後戻ってきました


ここでほっとする人が
いるかもしれませんが


利益を増やす機会(時間)を
無駄にしていることに
お気づきになったでしょうか





チャート上の
「ア地点」で損切をしていれば

029_チャート2-2


他の急騰する銘柄に
資産を振り分けることもできますし


この銘柄が、いずれ元に戻ってくる
という確証があるのであれば


「ア地点」で損切をして
「イ地点」で買い直した方が
大きな収益を得ることが
できたのではないでしょうか




ここでもう一度
あなたが株式投資を始めた
理由を思い返してほしいのです


資産を増やすのに
長い時間をかけて良いのであれば
銀行預金、定期預金で
良いはずです


あなたは、リスクをおかして
効率よく資産運用するために
株式投資を始めたに違いありません





であれば


資金効率を上げることの重要性
言うなれば損切の重要性についても
ご理解いただけるのではないでしょうか




3.収益領域でトレードをするため


どんな銘柄を買うにしても


これから上昇すると
予測したから、その銘柄を買ったはずです




買った銘柄が
予測に反して損失がでるようであれば


それをリセットするために
できるだけ早く損切をするべきなのです




その結果
あなたの保有している銘柄は
予測通りの収益が発生した銘柄
しか残らなくなります


この状況を
多く作りだすためにも
損切が必要となってきます




株式投資で勝つためには
「収益額」>「損失額」
にする必要があります


損失領域で戦う理由はないはずです


損を小さくしてどのように利益を
拡大させるのか
そこに集中すべきなのです




【損切できずにずるずると損を増やしてしまうその理由】


027_お金をなくす


損切が重要なことは
理解して頂けたと思うのですが


「やっぱり損したくない!」


「いずれ株価は戻ってくる」



となかなか行動に移せる方がいません


なぜ行動できないのか?




それは人間の心理が密接に
関係しています


心理学用語で
「プロスペクト理論」
というものがあるのですが


「人は得られる物よりも、
失う恐怖の方が大きい」


という心理です




人は持っているものを
失う事が非常に嫌いです




例えば


あなたが夜眠っているときに
急に電話が鳴って叩き起こされ、
次のような事を言われるとします


「おめでとうございます。
一ヶ月前に応募して頂いた懸賞ですが
見事一等の車が当選しました。


これから手続きをしますので、
深夜ではありますが営業所に来てください」




多分、ほとんどの人は
「今何時だと思っているんだ」と怒り出します


車が当選したとは言え、
人を起こしてまで
真夜中に電話をかけてくるのは
非常識だと考えます




それでは、次の場合はどうでしょうか


「今すぐ起きてください。
あなたの車が車上荒らしにあっています」


このケースであると、
一気に目が覚めて飛び出していくと思います


そして、電話をかけてくれた人に
「よく知らせてくれた」と感謝します




そう、人は既に持っているものに
愛着を覚え、それを失うことに
非常に敏感に反応してしまう生き物なのです


この人間の心理が
株式市場においては悪い方に
働きます




普通に株取引をやれば


「損切すべき」場面で
「損切ができない」のです





でも損切ができない理由は
この人間心理によるものであり


金額が大きくなればなるほど
この人間心理は大きく作用してきます




「やっぱり損したくない!」
「いずれ株価は戻ってくるから大丈夫」



と根拠のない自分への言い訳を作り
「損切」ができないんです


「頼む!戻ってきてくれ!」


と後は神頼みしか残されていません


そして大損を抱えたまま
塩漬け株となるのです





この人間心理には
誰も逆らうことができません


それは人間である私もそうです


でも
この人間心理に打ち勝つ方法が
2つだけあるので


最後にその方法をお伝えしたいと思います




人間心理に打ち勝つ方法①
「順応」心理を利用する



029_若葉


「プロスペクト理論」の心理は
金額が大きくなればなるほど大きく作用してきます


なので
最初から投資金額をあげてしまうと
損切ができなくなってしまいます


最初のうちは
1,000円、10,000円程度でも
損することに抵抗を感じるはずです




でも勝てるトレードを続けていると
その金額は必要悪だと割り切ることが
できるようになってきます


要するに慣れなんです
心理学用語で表現すると「順応」です




私の知っている億を稼ぎだす
トップトレーダーレベルになると
4,000万円の損切をしたことがあると
言っていました


これ普通の人できますか?


無理ですよね?




損切が重要と言われても
4,000万円の損を確定する行為は
到底できないと思います


しかし
トップトレーダーともなると
億単位の金額を日々扱います




4,000万円の損を放置することは
数億円の損失になりかねないと
判断するんですね


でもその金銭的感覚に
「順応」できていないと
確実に損切できません


ですので
慣れるまで投資金額を増やさない事


そして「順応」してから徐々に金額を
増やしていけばいいんです


そうすれば無理なく「損切」が
できるようになります




人間心理に打ち勝つ方法②
「逆指値」を使うこと



030_スマホみる


最近のネット証券では
この「逆指値」という予約注文が
可能です


「逆指値注文」とは
株価が指定した金額まで下落したら
自動的に損切を行ってくれる注文のことです




通常のトレードでは
株を買ったタイミングと同時に


この「逆指値注文(損切)」を出します


このタイミングで注文を出せることが
非常に重要です


なぜなら株価が下落してからでは
「プロスペクト理論」の心理が働き
損切注文できなくなるからです


勝ち組トレーダーになればなるほど
このことをよく理解しています




株を買ったら
必ず「逆指値注文(損切)」を
出すようにしてください
これがトレードの基本です







以上「損切」をテーマに
記事を書いてみましたが


いかがでしたか?


実はまだまだ
お伝えしきれていないものが
あるんですw


なのでこれからも
「損切」をテーマにした記事も
書いていこうと思います


・株式市場で資産を増やしたい方

・安定して株で勝ち続ける方法を
 知りたい方は



ぜひ、次回の記事も
チェックしてみてください!
 | ホーム |